五反田人妻デリヘル

結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~わたしを○○にして!

年齢 バスト
女の子プロフィール
神田の妻
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
もう、しばらくお待ちください!
女の子プロフィールデータ
神田の妻41歳AB型
T.167B.89(F)W.56H.88

いつも頑張っているあなたを癒したいです。未経験なので教えて頂きながら、新たなことにも挑戦してみたいです。
こんな私をどうぞよろしくお願いします。

今週の出勤予定
2月23日(土) 2月24日(日) 2月25日(月) 2月26日(火) 2月27日(水) 2月28日(木) 3月1日(金)
- - - - - - -
Q&Aコーナー
  • Q.趣味は何ですか?
  • A.カフェ
  • Q.どんな性格ですか?
  • A.癒し系
  • Q.チャームポイントは?
  • A.笑顔
  • Q.似ている芸能人は?
  • A.あまり言われません。
  • Q.タバコは吸いますか?
  • A.吸いません。
  • Q.お酒は飲みますか?
  • A.付き合い程度
  • Q.好きな男性のタイプは?
  • A.男性的な人
  • Q.年齢の許容範囲は?
  • A.~70才
  • Q.どこに魅力を感じますか?
  • A.筋肉
  • Q.好きな下着の色は?
  • A.ピンク、赤
  • Q.性感帯は?
  • A.
  • Q.得意プレイは?
  • A.フェラ
  • Q.オナニーはどのくらいの頻度でしますか?
  • A.1回/W
  • Q.好きなオモチャは?
  • A.電マ
  • Q.好きな体位は?
  • A.騎乗位
  • Q.好きなエッチは?
  • A.ぴったりしたいです。
  • Q.今までで印象的なエッチはありますか?
  • A.車の中で
  • Q.今後挑戦してみたいエッチは?
  • A.何事にも進んでチャレンジしたいです。
  • Q.セックスレスの限界は?
  • A.2週間
  • Q.セフレはいますか?
  • A.います。
  • Q.入店のきっかけは何ですか?
  • A.以前から興味はありました。
  • Q.S度、M度はどのくらいですか?
  • A.【S度=70% M度=100%】
  • Q.濡れやすい方ですか?
  • A.はい。
  • Q.どうされると濡れやすいですか?
  • A.キス
  • Q.イったことはありますか?
  • A.はい。
  • Q.どうされるとイキやすいですか?
  • A.おまんこを刺激される。
  • Q.潮を吹いたことはありますか?
  • A.はい。
  • Q.どうされると潮を吹きやすいですか?
  • A.Hで。
  • Q.理想のデートは?
  • A.ドライブ 映画
  • Q.結婚して良かったですか?
  • A.結婚は良かったが、他の男性とデートがしたいです。
  • Q.子供はいますか?
  • A.いないです。
  • Q.夫への不満はありますか?
  • A.仕事で忙しそう。
  • Q.夫とのエッチは満足してますか?
  • A.1ヶ月に1回なので足りません。
  • Q.浮気をしたことはありますか?
  • A.実はあります。
  • Q.浮気されたことはありますか?
  • A.分からないです。過去にあった。
  • Q.浮気がバレたことはありますか?
  • A.ないと思います。
  • Q.夫の浮気は許せますか?
  • A.許せると思う。
  • Q.自分は良い妻だと思いますか?
  • A.大体は良い妻だと思います。
  • Q.自分は良い母だと思いますか?
  • A.--
  • Q.将来の夢は何ですか?
  • A.海外旅行
可能オプション
玩具7点
ローター
スティックローター
アイマスク
手枷
ペンライト
バイブ
電マ
羞恥5点
オナニー鑑賞
放尿
ノーブラ出張
ノーパン出張
パンスト破り
刺激5点
即尺
即クンニ
聖水口内大放出
×
顔射
ごっくん
×
最強7点
AF
×
イラマチオ
×
写メ撮影
動画撮影
遠隔ローター散歩
聖水お持ち帰り
黄金
×
M妻コメント
業界完全未経験の奥様との待ち合わせ・・165センチくらいあって、スレンダーな体系をしたお堅い感じの奥様が緊張した面持ちで立っている。
とても真面目そうな整った顔立ち、服装なのだが、Fカップナイスボディがとてもエロい!!
一見、判断しにくいが、キョロキョロキョロキョロしているのでほぼ間違えないであろう。
「こんにちは」と声をかけると、より一層の緊張感と安堵感とが混じった笑顔になり、「はじめまして、何も分かりませんが、本日はどうぞよろしくお願いします。」と丁寧にお辞儀をする。
まず緊張をほぐそうと話をしてみると、たくさんのお宝がザクザク出て来るのである。
何一つ不自由のない生活......ただ一つ困ってしまっているのは、性生活であった。
月に1度の旦那さんとのSEXに加え、セフレを所有していながらも、満足が出来ていないのだ。
『ふと、無性にセックスがしたくなる事がある!!』
『誰とでもいいからセックスがしたくなる事がある!!』
『見ず知らずの男たちに、好き放題に嬲られたくなる!!』


こんな願ってもない発言を連発してくれるのだ。

・・・とある日の事、1人カラオケをしていた。
そこは飲み物を自分で取りに行くシステムの所で、飲み物を取りに行くと、先に2人の男性客がコップを手に入れていた。
すぐ手前の椅子に座り待っていると、ふと、生温い視線を感じた。
2人の男性が私の足を見ていたのである。
目が合うと、一瞬2人は目を反らした。
だけど私が目を反らさないでいると、2人はゆっくり視線を戻し、私をジッと見返した。
ふと、セックスがしたいと思ってしまった。
特にその男とセックスがしたくなったというわけじゃなく、誰とでもいいからセックスがしたいと思った。
時々、そんな気分になる事がある。 
見ず知らずの男に、好き放題にヤられまくりたいと思う事が時々あり、実際、今までに何度もソレを我慢して来た。
私は病気なのかも知れない。
病名はわからないけど、とっても異常な病気のような気がする。
そんな異常な私は、2人からソッと目を反らすと、股を少しだけ弛めたのだった。
2人は、私の弛んだ股に釘付けになっていた。
私は、もう少し股を開いた。
ここまで股を弛めれば、下着は丸見えのはずだ。
もしかしたら、濡れた下着のシミまで見えているかも知れない。
私は2人の目を見た。
2人は一瞬ギクリとし、私の股間からゆっくり視線を外そうとした。
すかさず男に向けて笑みを浮かべ、飲み物を取る事もやめて部屋へ戻った。 
2人は、そんな私の笑みを見て、私の背中を呆然と眺めている。
その後、2人は部屋を行ったり来たりしていた。
少し怖かったが、カラオケボックスの中なのであまり気にもしていなかた。
あれから30分くらいが経ったであろうその時、コンコンとドアをノックされた。
もちろん先程の2人だ。2人のその顔は、まるで今から人を斬ろうとしているサムライのように、激しく興奮しているようだった。
こんな下品な2人の男に荒々しく犯されたい。 
そう思う私の下着は、まるで失禁したかのようにぐしょぐしょに湿っていた。
この後は、言うまでもなく妄想が現実になったのだった。
・・・とある日の事、疲れた体を癒そうと遅くまで営業していたマッサージ店に入った。
時計の針は1時を回ろうとしたいました...アロママッサージから、胸マッサージを好意からか施してくれ、予定の90分はとっくに過ぎてしまっています。
おじさんはゆっくりとした動作で、私の足を片方づつ開かせて、その間に膝をつきました。
そして、おまんこにかけてあるタオルの上の端を指先でおさえながら、更に半分に細くしたんです。
両サイドから僅かにヘアーが食み出しています。
置き鏡を見ると、タオルとおまんこの隙間からピラピラが少し見えていました。
おじさんは、両足首を持って膝を曲げさせ、М字にしたんです..... (ェッ...........なんでこんな格好..?)
そうは思いながらも、拒否はせず、されるがままになりました。
おじさんは、「では内腿の付け根をマッサージしますねぇ。」と言って、オイルを垂らし始めました。
おじさんは両手の親指をぷっくりと膨らんだ恥丘の脇にあてて、ゆっくりと小さい円を描くようにマッサージします。
「あっっ...あっ...ぁぁん...っ...」
思わず声を上げ無意識に腰をクネらせてしまいました。
全身に鳥肌が立ち、身体全体が(ピクッピクッ......)と軽い痙攣を起こし始めました。
「我慢しなくていいんですよ...恥ずかしがらないで・・思いっきり声を出して感じてください...この辺はどうですかぁ...?」
おじさんの指はクリトリスのすぐ横まで達していました。
「あっ......そ、そこは...だめ...っ...」
そんな言葉に耳をかさず、強引に、両方からクリトリスの周りの皮膚をクリトリスに寄せて(クリックリッ)と掴む様に刺激して来ました。
「あああんっ...いや...いやぁっ...あっ...」
頭を左右に大きく振りながら、イキそうになるのを耐えました。
おじさんの指はクリトリス周辺からオマンコのスジに沿って、上下左右に擦りながら下りていきました。
そして、シーンとした部屋に(ピチャピチャ....ニチャ、ピチャッ...)という、明らかにオイルではなくオマンコから溢れ出たいやらしいお汁の音が響き渡りました。
「んぁっ...いやっ...お・・じさん...だ、だっ、だめぇ...っ...」
とうとうマッサージ師さんを【おじさん】と呼んでしまった頃には、かなり積極的で自分からむさぼりつくように、ジュコジュコと音を立てて舐めてしまっていました。
その後、マッサージ店を出た頃には通勤ラッシュが始まってしまっていました。

キスをしただけで、すぐにエロさ大爆発・・・・・寸止めを繰り返すと、「もうイキたい、イカせてください!!」と懇願するドドドドドド淫乱ドМ妻に死角は、見つかりません。