五反田人妻デリヘル

結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~わたしを○○にして!

年齢 バスト
  • 2024-06-13
    思う存分、物凄い淫らな姿を永遠に楽しめるSSS級完全業界未経験のドМ度200%美妻【水沢の妻】ご予約殺到が予想される体験入店予定は、6月下旬!!
    清楚で清潔感があり礼儀正しく明るい奥様...色白で、美し過ぎるほどにツルツルの美肌の美人妻である。おっとりとした性格で、ドドド・ドが幾つあれば足りるのだというほどのドМなのである。
    よくよく話を聞いてみると、なんと当店のHPを拝見し、求愛して来たのだと言うのだ。
    しかも、しかもしかも、しかも、完全業界未経験だと言うのだから、これは奇跡としか言いようがない。
    旦那さんにはサディスティックな部分が微塵もなく、ただ入れて出すだけの《旦那≦オナニー》つまらない行為にしか感じておらず、羞恥心、背徳心がより一層掻き立てられ乱れ狂う奥様の本性は知る由もない。
    日中、旦那さんが仕事に行ってから、少しの時間に楽しみたいと思っていたらしいのだが、当店のメインが夜の時間である事を伝えた。
    凄く残念そうな顔がハッキリと窺えたのだが、少し考え、次の瞬間、『私、ドМなんです。HPを見て、過激で....絶対にこちらにお世話になりたいんです。』と正座をし、懇願する。
    その瞳からは、強い意志と”” 淫らな性のオモチャ ””を感じた。
    「そっかそっかぁ・・だいぶ苦しんで来たんだねぇ。可哀想に・・」
    『あっ、はいっ。ありがとうございます。』
    正座している膝の間に足を入れ、ワンピースを捲ってみる。
    『はっ・・・んんっ!』
    嬉しそうである。
    「立って、目の前でゆっくりとワンピースを脱いでみな!」
    恥ずかしそうに顔を赤く染め上げ、
    『・・・はい・・・脱ぎます!』
    エロティックな下着を身に纏っており、女らしい興奮させる体付きが現われた。
    ますます顔が真っ赤になっていくのを感じながらも、しばらく沈黙で見つめ続ける。
    気を付けの姿勢から、だんだんモゾモゾと蠢くと、手で、フリルのついた透けた下着とブラジャーを隠す。
    「隠すなっ!」
    『そっ、そんな・・・恥ずかしいです・・・』
    「そうかぁ...じゃぁ、着てイイぞ!!!」
    『!!!いやっ違、違いますっ。』
    「んっ、何が違うんだ?」
    『ご、ごめんなさい。』
    小さな声で呟く。
    「許してやるから、全部脱いでみな!!!」
    『あっ・・・はっはいぃ。ありがとうございます。』
    言われるがままに完全服従し始める。
    恥ずかしがりながら全裸になっていく姿は最高に妖艶だ。
    ゆっくりと観察した。
    バランスの良い乳房に、まだピンクの色をした小さな乳輪と乳首が彩りを添え、改めて見ても見事な体だった。
    思わず、乳首に吸い付いた・・・
    『あぁ!あっ・・・んっ!』
    乳首の反応が凄まじい。
    『あっあっ・・あんっ・・・あぁっ!』
    しばらく舐めた後、唇で甘噛むと『あぁっうぅぅ!!』と声が響き渡り、体は痙攣してしまった。
    「え?もしかして、イッたのか?」
    『・・・うぅぅ・・はい・・・』
    これに大興奮しないはずもなく、ベッドに座らせ両膝に手を添え、一気に脚を開いた。
    滅多にお目に掛かれないほどに綺麗な色白美肌のツルッツル永久脱毛だ。
    可憐な奥様が一糸まとわぬ姿でベッドに座らされ、脚を開かれ、秘部を晒しているのだ。
    顔を近づけ、大きく開いた秘部を凝視する。
    秘部は婬液で濡れそぼり、呼吸をする度、そして恥辱に耐え、それを悦楽に変える度、膣口は涎を垂らし、パクパクと何かを求めている。
    アナルから秘部までをいやらしく大きく伸ばした舌で舐め上げる。
    まだ震えが止まらない奥様は叫ぶ。
    『ちょ、ちょっ、ダッ、だ、ダメッ!!ま、待って下さいっ!いっ、いっ、いまっ、今はっ・・!!』
    「そんな事、言って・・どんどん濡れてくるぞ、奥さんのあそこぉ。」
    舌の動きに呼応するように、片手でシーツをきつく握りしめる。
    『はうっ・・・・・やめて・・・・・もうだめぇぇぇ。。。おっ、おねがいぃ~~』
    もちろんお願いを聞き入れるはずもなく、その後も恥ずかしいともう無理ダメを連呼しながらも言われた通り四つん這いの姿で足を出来る限りに開いているのだった。
    『駄目っ・・・・、これ以上はしないで・・・・・』
    フェラも丁寧で上手であるのだが、咥えさせながら、少しでも乳首にかすっただけでもフェラが止まってしまうほどに過敏になってしまい、潮吹きまで披露するフルコースは永遠に楽しめる。
    『夜、なんとか嘘をついて言い訳してでも出て来るので、お世話になりたいです。お願い..します。』
    これが、完全に奥様が堕ちた瞬間だった。
    当店の自信と誇りをかけて、オススメさせて頂きます。
    近い将来、ご予約困難間違いございません。

    2024-06-09
    本能を刺激するドエロいボディをくねらせ電マで潮吹き100%官能妻【黒木の妻】中毒性のある快感をお楽しみ頂ける超稀少初出勤は、まだ未定!!
    ご覧下さい!ご覧下さい!ご覧下さい!

    堪りませんなぁ~

    見た瞬間、本能が””” やりてぇ~~~"""と悲鳴を上げてしまってます。
    綺麗な顔立ちですが、笑顔が甘く愛らしい。
    これが、本当のキレカワってもんだ。
    しかも、このボボボ・ボディ!!
    あぁ、あの胸元のポストのような横にあいた隙間は手を入れて良い所なのか??
    それとも、イケナイ所なのか?
    悩ましいけど、もうどうなっても良いではないか・・
    一か八か、男なんだ.....イッちゃおう!!
    一気に手を突っ込んでみる。
    大きな瞳をさらに大きくする優艶な奥様!!!
    覚悟を決めた次の瞬間、全てを受け止めてくれた優しく艶めかしい笑顔で手を添えゆっくりと動かしてくれた。
    その笑顔は、エロス満点なのである。
    そして、耳元に近付くと
    『私、男の人の気持ちいい顔を見るの大好きなの。。』
    この一言で、味わった事のない勃起をしてしまうのだった。
    ちょっぴり恥ずかしいと思ってしまうほどだ。
    それを見透かしたかのように、ズボンの上からゆっくり優しく撫で、上目遣いで悪戯な笑顔を向ける。
    いつもであれば、ビッチョビチョに濡れたパンティを堪能する事になるのだが、今は、こちらの下着を抜けてズボンにまで染みが達してしまっているのだ。
    全てがエロに塗れている奥様だが、とくに会話、笑顔、声、男を悦ばす手つき、そして何よりフェラチオが尋常じゃない。
    ご奉仕精神が凄く、散々楽をして楽しませてもらったのちのご褒美は、クリトリスに電マを当てると、幾度も大量の潮を噴き出してくれる。
    この快感は、中毒性を持っていて、今、別れたばかりだが、もう求めてしまっている自分がいる。
    当店の自信と誇りをかけて、オススメさせて頂きます。
    近い将来、ご予約困難間違いございません。

    2024-06-09
    メルマガ会員様に最大5,000円引きの豪華プレゼント!
    メルマガ会員様限定、前日以降の事前予約を頂きましたご主人様には下記の割引き対象とさせて頂きます。

      60分⇒1,000円引き
      90分⇒2,000円引き
    120分⇒3,000円引き
    150分⇒4,000円引き
    180分⇒5,000円引き

    ※お問い合わせの際、必ず『メルマガ会員様限定の事前予約割り見た』と一言お願い致します。
    本指名は対象外とさせて頂いておりますので、ご理解頂きたく願います。

プレイの流れ 無料オプション 無料オプション 無料オプション 無料オプション クレジットカード各種ご利用できます。
新人淫乱人妻
6月下旬、体験入店予定【水沢の妻】30歳
T.153B.90(F)W.58H.87
白石の妻31歳
T.166B.83(C)W.55H.84
超稀少初出勤未定【黒木の妻】35歳
T.163B.85(D)W.56H.87
北山の妻23歳
T.155B.85(D)W.59H.88
辻元の妻33歳
T.164B.91(F)W.57H.86
上田の妻26歳
T.159B.83(C)W.57H.85
木下の妻33歳
T.159B.91(F)W.56H.84
石田の妻35歳
T.159B.85(C)W.55H.86