五反田人妻デリヘル

結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~わたしを○○にして!

年齢 バスト
  • 2017-08-19
    レア出勤!!史上最強のドエロ J カップ 艶美妻【竹内の妻】早速お客様より、100点満点の声を頂きました...21:00〜翌6:00!!
    出逢った瞬間、「うをっ、この女・・ヤリてぇ~~~!」と股間を膨らませてしまう。ドドドエロイ男好きのする端正な顔立ちに、清潔感のある真っ白なマイクロミニのスーツには、メリハリのある凹凸な『女』の体がハッキリと映し出されている。
    誰もがそうなのであろうか....奥様は知ってか知らずなのか、意味ありげなエロスぎる笑顔を向けて来た。
    「こんな女に咥えさせたらエロイだろうなぁ~」なんて妄想してしまっていると、「私、妄想が凄いんです。最近なんて、欲求不満で体が疼いてオカしくなっちゃいそうなんです!!」
    なんといきなりド変態っぷりを包み隠さずに報告...........これみよがしに、脇から右胸に触れる。
    咄嗟に口を押さえたようだが、明らかに「あぁぁんっっ!」というエロい喘ぎ声...かなり感度は良いようだ。
    柔らかそうな胸なのは服越しにも伝わって来ていたが、ビーズ枕よりも柔らかい驚きの軟乳である。
    胸元から覗くブラは、よく似合うセクシーな黒のレースが、その下の大きく白いJカップの谷間を覆い隠している。
    「わぁ~私なんかに興味あるんですかぁ~ 嬉しいぃ~」 そう言って、腕に組み付いてきた、右腕にアノ軟乳が押し付けられる。
    この、女、優しさとセックスに飢えてやがる、もう、いつでもやれると確信した。
    だいたい””あなたに興味のない男なんて いるわけねぇだろう””と思ったが、もちろんそれでも良い気分にさせられた。
    男って、本当にバカだな・・・・って、感じだが、バカでも良いと天国でも味わえなそうな御馳走を前に必死に決まっている。
    軟乳を確かめたくて仕方なくなった右手は操られたかのように、胸元へ差し込んだ。
    『なんてやわらいんだ、未婚の張りのあるオッパイも良いが軟乳って、なんて最高なんだ!!』と思ってしまった。
    ブラウスの上からブラのホックを外し、胸を鷲掴みする。
    「あん、まってぇ~」甘い声と懇願するような目を向ける。
    奥様の妄想はすでに始まっているのであろう・・・「おねがいっ、脱いで下さい」と言いながら、自らもはだけたブラウスとブラを脱ぎ、目の前に座った。
    開かれた股間に手を伸ばしさわり心地の良いパンティー越しに熱と湿り気が伝わってくる。
    「ああぁぁん、うんふんふん、いぃきもちぃぃぃぃぃ~」
    「湿ってるよ」と布越しに指を動かしてやる。
    「あぅあぁぁ、かんじるぅ」
    パンティーの脇から中指を直接マンコに挿し込んでやると、中指は第一関節から第二、根元まで飲み込んで行く。
    出し入れを繰り返すとくちゅくちゅっと音が出るくらいに濡れ、「あ、あ、あ、あ、あぁぁぁぁぅぅぅぅぃきそぅぅだよぉぉ」
    悪戯にマンコから指を抜く・・・
    「あぅっ、あぁはぁ、はぁ、はぁ、いじわるぅ、逝きそうだったのにぃ」
    ベッドに仰向けになると、じらされ続けた奥様は勢い良く、何もつけずにベッドに上がってきた。
    灯りを気にする余裕も無いほど飢えている!!
    股間に膝間づくと如意棒に唇をかぶせて、亀頭から摩擦するように呑み込んでゆく「じゅこっじゅこっじゅばっじゅばっ、ふ~んぅん」一心不乱にフェラをする。
    頭を抑え如意棒をゆっくり深く捻じ込んでやると、「うぐぅふぅ、あぅあぅ、く、くるしぃ」だが、その顔は乱暴にされ嬉しそうだ。
    足を大きく開かして秘部に顔を近づけてペロッと一舐めすると驚くほどデカい声を出した。
    「あああぁぁぁぁぁぁっぁあああああぁあぁっぁぁぁぁっぅぅうぅぅ、あぅぅ」
    この反応に興奮抑えきれず、執拗に秘部を責める。
    指を1本ずつ増やし、中を激しく掻き混ぜる。
    「やめっ! あぁっ……あっ……だめ、だ だめっ!」
    上半身に力が入らなくなったのか、大きく後ろに仰け反った。
    腰を抱きかかえ、さらに手の動きを早くする。
    「はぅぁぁっっっぁぁっ! だめだめだめっっぇぇっ!」
    艶々の声と、淫靡な水音が響く。
    「すごい、奥まで入ってきてる・・・もっと、突いて。いい・・・・・すごく、いい・・・」
    「あ゛あ゛っぅ! ダメ、ダメぇっ!! イクっ! イッちゃうぅっっ!!」
    次の瞬間、熱い液体が飛び散った・・・淫乱さは今までで圧倒的に一番だなと思いながら、腕からぽたぽたと滴り落ちる愛液を見ていると...正常位M字開脚で手招きしてくる。
    「私、性に貪欲なのですが、いつでもいつまでもHしたいと引かれてしまうかもって素直になれないんです。でも、分かって欲しいのは満足してないんじゃなくて、アレが近くにあると妄想が止まらず貪欲に欲しくなっちゃうんです。」
    この言葉が正真正銘された手招きだった。
    その後も、「凄い気持ちイイ」と何度も呟いた。
    「えん、はぅ、はぅあああああぁぁぁぁぁぅ」「え、ええ、私・・・イク・・・ま またっ イク・・あん、すごくいい」
    身体を突っ張るように硬くして逝った。
    ヒザがいきなりガクンと折れた。
    壁に手をつき背中が大きく上下に動くほど荒々しい息遣い。
    シャワーを浴びても丁寧に体中を舐めるご奉仕ぶり...バスタオルで体を拭いてくれながらも、フェラをする。
    そして、甘く切ないキス・・言うまでもなく、淫美な時間がまた蘇るのだった。
    当店の自信と誇りをかけて、オススメさせて頂きます。
    近い将来、ご予約困難は免れない・・・

    2017-08-19
    超色白美肌のキュート新妻【東條の妻】本指名急急急上昇中・・・21:00〜翌7:00!!
    とても人の妻とは思えない今時の学生服を着ていても何の違和感もない可愛らしい女の子...色は白く、一目で感じるツルツルピカピカの美肌!!

    ニコニコ笑顔で挨拶する姿にボルテージは最高潮、張りのあるボディも手伝い、もうすでに面接どころではない。
    上の空だったが、どうでも良い質問を幾つかやり取りしていると、「縄で拘束されてみたいんです。そんな自分の姿を妄想するだけで、驚くほどに濡れてしまって・・。真っ赤なロープを出して””縛って””なんて夫に頼めば、離婚にもなりかねないし・・・」
    そのような状態の中、オナニーも出来ずに、もはや性的欲望は爆発しそうになっていたのだ。
    この言葉を聞き、一気に迫ってみる。
    一瞬、ピクッとなったが、すぐに理解したのであろう・・顔を赤らめながら、唇を薄く開けて舌を誘い込むようにも見えた。
    チュ、チュと絡み合ったかと思うとヌルリと舌が入り込んできた。
    「あぁ…はぁ、あん…」
    胸の形をなぞるように優しく触れると、釣鐘型の見事な乳房に思わず感嘆した。
    「あ、やぁ…ん」

    鼻にかかった声が漏れる。

    「あれ、腰が動いてる。」

    「や、だって…触るから…」
    「えっ、触らないほうがいい?」
    意地悪な笑顔につい目をそらして下を向いてしまった。
    「そんなこと…」「もっと、さ…触ってほしい…かも…」
    そう言うと自ら唇を重ね、角度を変えて何度も押し付ける。
    うっとりと身を預けて来る服の中にスルリと手を入れ込んだ。
    下着が服ごとたくしあげられ、露わになった綺麗な色と形の胸に優しくキス。
    「っあ…」「はぁあ…あぁ…」
    既に固くなっていた先端の突起に触れると、体が小さくピクピク跳ねる。
    「っひゃあ!」高い嬌声が漏れた。
    「っあ、っあぁ…それ、声出ちゃうっ」

    それを見越して、下半身へと滑り落ちるように流れていく。

    「あぁ、あんっ…やぁ…」

    薄い下着は既にしっとりと湿り気を帯びていた。

    「恥ずかしいんだ、かわいいね。こんなに濡らしてるのに」と耳元で囁く。

    「や…言わないで」

    下着越しに肉厚な大陰唇を押し開き、その奥で硬く勃起し触れられるのを今か今かと待っていた小さなクリトリスを目ざとく見つけ出す。

    「ふやぁっ…あっ…やぁあん。ちょっと触られただけなのに…なんでこんなっ…ビリビリきちゃう…っ!!」

    「下着越しに触っただけでそんな声あげちゃって大丈夫か?」意地悪に笑いながらそう言い下着を脱がす。

    肉付きが良くても引き締まっており、間近で薄い陰毛を凝視する。

    激しい羞恥が襲っているのか、「――あっ・・・だ、だめ・・・。」

    コリコリに硬く主張をしているクリトリスをかりかりと爪先で優しく掻きながら穴の入口を優しく撫でる。

    「あっ…ひゃぁんっ…!」ぬちゃ、と耳にはっきり水音が響く。

    もう愛液でぬるぬるに濡れそぼったそこはなんの抵抗もなくすんなり指を受け入れた。

    「あっ!あ、や…やぁ…」ずぶずぶと奥に進めていく…

    くちゅ、とわざと音を立てて膣内を掻き乱す。

    ちゅぷちゅぷと糸を引きながら愛液が音を立てる。

    「あっ、ああぁ…っ!音、やだぁ・・・っ!恥ずかしいい・・・」

    最も感じるポイントを指の腹で刺激しながら親指は勃起しきったクリトリスを押しつぶす。

    「っきゃうぅっ!や、だめだめだめぇぇぇぇぇ!や、あ、あっ。こんな快感耐えられない。」

    びくびくびくっと体が激しく震える。

    ぐちょぐちょに濡れそぼった膣内はひくひく痙攣し、クリトリスは爆発してしまいそうなほど膨らんで硬くしこっている。

    「イ、 イっちゃう!イっちゃうからぁああ!」

    がに股で腰を高く突き上げるはしたない格好で腰を激しく震わせ絶頂する。

    下半身はガクガク痙攣し、シーツはひどく濡れてしまった。

    「はぁぁぁ…あぁ…」

    虚ろな目は焦点が定まらず胸を大きく上下させてまるで動物のように荒く呼吸している。

    顔を起こし、口にチンポを押し付けるなり、ジュル、ジュル、んふっ、ジュルウウ、ズボッ、ジュボッ・・・・・

    69の体勢になり、お互いの股間に顔を近づける。

    膨らんだクリトリスにビシャビシャのワレメが妙にイヤらしい。

    恥毛が薄いおまんこはクンニしやすく、濃いピンクの皺が露になっている。

    「っやぁあああ!まって今は…今はっ…あああああ!」

    あまりの快感からか、ヒップが鳥肌状態になる。

    そしてねっとりと輝くその秘部の奥から、どんどん愛液が滴り流れる。

    力強く舌を動かし続け、果てにはワレメをこじ開けるようにして更なる進入を続ける。

    ちゅぱっ…ちゅぱ…ぢぅゅゅぱっ…ちゅるちゅる…

    「ううっっんっっ!!あああっ…スゴイ…気持ちいいぃぃのぉぉっ!…変な…感じっ…はぁぁあああぅっっ…!!そんなにしたらぁ…おかしくなっちゃうぅぅんっっ…!!」

    可愛い顔におっとり優しい性格からは想像も出来ない悲鳴のような喘ぎ声が響き続ける。

    「おぐっ!お、おくだめええええ、だ、だ、だめだめだめ…だっ…んあぁぁぁっ!」

    『あぁぁっ!イクぅぅっ!イクぅぅぅっ!イクぅぅぅっ.....!』

    『あああぁぁっ!あぁぁっ!ひぃぁぁっ!ゆ、許して...もう許してくださいぃぃっ!いいぃぃ!』

    再び襲って来たオーガズムの波が、大きく体を仰け反らせ、ワレメからだけでなく、アナルからも淫らな汁を漏らしている始末であった。

    近い将来、ご予約困難間違い無し...当店の自信と誇りをかけてオススメさせて頂きます。

    2017-08-17
    毎日、セックスをしていたいHカップ妻【三浦の妻】待望の初出勤は、8/21(月)14:00〜翌7:00!!
    悩殺的なフェロモンを発するHカップの奥様、悩ましいほどに色情を感じさせる魅惑的な肉感に濃密な色香...一目で恐ろしいまでに強欲を掻き立てられてしまった。

    それを知ってか知らずか、美しくほほえむ。
    そそられる濃艶な口元が開く。
    「私、旦那に不満だらけなんです!」
    ミニスカートから、ほれぼれするほどにそそられる肉感を覗かせ、もう苦しいと言わんばかりに、セックスアピール!!
    毎日でもセックスをしたいと言う、女盛りなのだから仕方ないであろう・・
    意地悪に「したいの?」と聞いてみると、「はい、おねがいします。」

    恥ずかしいが、もうすでに濡らしてしまっているのだという。
    半信半疑で、試しに短いスカートに手を入れセクシーな黒いショーツ越しに触れてみる。
    「・・・・・・・・・・・・・・・・・ふんっっ。」
    気持ちがこもるピンクの吐息と共に湿り気のある感触が...
    紛れもなく、すでに洪水になっているのだ。
    驚いていると、さらに艶めかしい声を発し身をくねらせる。
    磁石引き寄せられるように、お互い唇を重ねる。
    オッパイがデカ過ぎてブラジャーが肩に食い込んでいる。
    ホックを外すとパァァーーーンと弾け飛ぶように迫力のHカップが露わになった。
    ゆっくりゆっくり揉み回したり、舐め始ると、完全に欲望に火が点いている事が分かる。
    短いスカートを開脚させると、太ももの内側を丹念に撫でた。
    「もう・・・そんなに撫でられたら・・・」
    自分のアソコが相当濡れているのがわかっている。
    スカートとパンティも脱がし全てを晒しじっと見つめると、羞恥心に襲われながらも、さらに女らしい潤いを放つ。

    それは何ともいえない素晴らしい風景だ。
    焦らして楽しんでいると、「や・・やまぁ・・・んんんん」切なげに呟いた。
    とぼけて、「どうした、言えよ。触ってほしいんだろ?」
    すると、恥ずかしがりながらも正直に言った。
    「さ、触ってほしい・・・」
    「どこを?」
    「どこって・・・アソコ・・・」

    「聞こえないから、手を ’そこ’ に誘導しろ!」
    恥ずかしがったが、下半身は疼くばかりで、一刻も早く指先で触って欲しかったのだ。
    右手を掴んで、手を重ねると、指が割れ目に沿って動いた。
    クチュ・・・クチュ・・・。
    「あんっ!」
    ぐちゅっ、ぐちゅっ・・・。
    指は、糸を引いている。
    クリトリスに当てると、ビクンっと体を震わせ「あぁっ!」と悲鳴に近い喘ぎ声を出す。
    中指をぐいっと中に差し込み、蜜液をすくうと、クリの右上部分にぬりぬりとぬりつけた。
    「あ!だめ!もう・・・・・・!あ、あ、!!(あ・・・もう・・・気持ちよすぎる!!)」
    完全に快楽に堕ちた奥様は、慌ててズボンのジッパーを開け、モノを取り出すと、ゆっくり口を開き咥え込んだ。
    チュッパチュッパといやらしくフェラチオを始め、腰を上下にクネらせ感じている。
    「んぐ・・・」
    黒眼を顔の中央に寄せて、酸欠を起こすくらいに顔を赤らめて、頬肉だけは痩せこけた病人のようにへこませて、猛然とした頭のピストンと共に、ぬめりつくような口の粘膜を巻きつかせていく。
    自ら喉の奥まで押し込み、「・・・・・・・っ」となっている。
    Gスポットを攻めクリを刺激する。
    「はあっ!はぁっ!は・・・う・・・。」
    モノを咥えるのも忘れて、喘いでいた。
    「おっひょぉおぉぉぉぉおおぉ~~~~~っっ!!?」
    ぴくっ! ぴくっ! ぴくっ! ぴくっ!
    いっ・・・いっ・・・いいぃっっ・・・いひゃぁぁあぁぁあおぉぉあああひゃぁああぁぁっっ!!!
    脱力したグラマラスボディに容赦はしない。
    「無理っ! 無理ぃぃっ!! 無理ぃぃぃっ!! クリひょリス、敏感でむりぃぃぃぃぃっっ!!」
    どのくらいの時間が経ったのだろう?
    懸命に起き上がり、特大の真っ白な大福二つを挟んで来た。
    すばらしい包容力で、すべてを包みきってなお余裕があるほどだ。
    両手で乳房をこねまわすと、今まで威張りちらしていたはずのペニスはあっけなく埋もれ、巨乳の前では、叱られた子供のおちんちんのように何だかちんまりと、いじらしく見える。
    見た目だけではなく、感触も申し分なかった。
    ずっしりとした重みが四方八方からかかって息苦しいぐらいなのに、あまりにも柔らかくてあたたかいので、その不自由さはだんだん快感に変わってきた。
    それどころか、気づくと「もっと苦しくなりたい」、「押しつけられたい」と願っていた。
    ジュポッ、ジュポッと音が立つ。
    グシュッグシュッ・・・。
    至福の時が過ぎ、気付くと、お尻の下のシーツはぐっしょりと濡れていた。

    2017-08-16
    メルマガ会員様に最大5,000円引きの豪華プレゼント!
    メルマガ会員様限定、前日以降の事前予約を頂きましたご主人様には下記の割引き対象とさせて頂きます。

      60分⇒1,000円引き
      90分⇒2,000円引き
    120分⇒3,000円引き
    150分⇒4,000円引き
    180分⇒5,000円引き

    ※お問い合わせの際、必ず『メルマガ会員様限定の事前予約割り見た』と一言お願い致します。
    本指名は対象外とさせて頂いておりますので、ご理解頂きたく願います。

あの激妻グループが プレイの流れ 無料オプション 無料オプション 無料オプション 無料オプション クレジットカード各種ご利用できます。
新人淫乱人妻
三浦の妻28歳
T.159B.103(H)W.61H.93
東條の妻22歳
T.162B.94(F)W.59H.89
坂口の妻24歳
T.160B.102(F)W.63H.93
安田の妻25歳
T.152B.98(F)W.63H.90